◆◆子供のレッスン◆◆

※スマートフォンよりご覧の方はメニューを開く際、左上の三本線をタップして下さい


◆大きくジャンプするために屈む◆

私のレッスンの特徴は、つまずきやすい子でも付いていけるレッスンである事。どちらかというと不器用な子に焦点を合わせています。

誰にでもわかりやすいレッスンをしているから、逆に飲み込みが早い子はどんどんどんどん1人で進められる訳です。

誰もおいてけぼりにはならないカリキュラムがとっても気に入って、この指導方針を選びました。

 

 

実際には、ちょっと変わったレッスンです。体験レッスンを受けたら、

 

「えっ?不思議なレッスンだなぁ・・・若いから知識がないのか。」

「やっぱりこんな若い先生じゃ、ダメだな。」なんて思われるかも。

 

でも、「色々なことを早く習得させたいという大人の気持ち」よりも、

「子供の気持ち」「子供の目線」「誰1人としてつまずかないで、みんなを引っ張り上げてピアノを上手にさせたい」

という事を大切にしたいと強く思ったら、今のレッスン方法にたどり着きました。

 

ちょっと変わってるけど、子供たちのために。

必ずピアノを好きになってもらえるように。将来、グッと周りと差が出るように。

 

「凄く頑張ったらできること」では、近道に見えて、実は遠回りになります。

「少しだけ頑張ったら出来ること」は、遠回りに見えて、実は1番の近道になります。

 

凄く頑張らせて子供たちが苦しくなってしまったら、結局ピアノを長く続ける事には繋がりません。


大きくジャンプするには、屈むことも必要ではないでしょうか。

 

不器用な子、大歓迎です。

とにかく楽しく長く続けて欲しいという親御さん、大歓迎です。

必ず楽しいレッスンにします♪


◆テキスト第1段階◆

 

・バスティンピアノパーティーA

・バスティンパフォーマンスパーティーA

 

「よく動く指をなるべく早く育てること」を優先する為に

こちらのプレリーディングを使用します。その他レッスングッズで、楽譜を目で追うための「目線を動かす練習」をしたり、カードゲームで「音符の長さ」を覚えたりしていきます。子供達にとっては「遊び」にしか感じないのに、どんどん大事な力がついていきます♪

 

 

 


テキスト第2段階◆

 

・バスティンピアノパーティーB

・バスティンパフォーマンスパーティーB

 

こちらもプレリーディングです。

パーティーBに入ったら、並行してレッスングッズで五線を読む訓練をしていきます。五線譜を読むのは子供たちが1番苦労するところ。でも、子供の特性をよく考えた細かいステップを踏んだカリキュラム、尚且つかわいくって楽しいレッスングッズだから、苦しくならずに習得できます♪

 

 

 


◆テキスト第3段階◆

 

・うたとピアノの絵本みぎて・ひだりて

・バスティンピアノパーティーC

・バスティンパフォーマンスパーティーC

・バーナムピアノテクニック(ミニブック)

 

3段階で初めて五線の楽譜に移ります。バーナムピアノテクニック(ミニブック)も、通常はピアノを始めてすぐに使用しますが、私のレッスンでは第3段階での登場。これも子供達をつまずかせない為の理由があります。

 

 


◆中級テキスト◆

 

・はじめてのギロック

・ビーニー動物園

・キャサリンロリンピアノコース

・バスティンピアノレベル1

 

など・・・

子供たちが好むかっこいい曲や、楽しい曲が沢山入った曲集を選択しています♪


◆中級以降◆

 

・ブルグミュラー

・ツェルニー30番・40番・50番

・ソナチネ~各ソナタ

・クラーマービューロー

・インベンションとシンフォニア

・ショパンワルツ

 

など・・・